インフルエンザの予防法について説明する女性看護師

毎年毎年、インフルエンザは流行りますよね。予防していてもかかる時はかかります。何か良い予防方法はないのか、と調べてみました!少しでもインフルエンザに感染する方が減ることを考えながら更新していきます!

発生したインフルエンザの電車内の感染と個人予防

インフルエンザは毎年流行しており、ウィルスは動物から人へと感染して新型インフルエンザとして発生してしまうこともあります。
感染の拡大は社会や経済を破綻させてしまう可能性もあり、事前に予防する必要があります。
拡大の要因の一つの場所として挙げられているのは電車です。
特に通勤時の感染に注目されており、通勤時の新型インフルエンザ対策に関する調査研究も行われています。
感染拡大の予防の手段として、昼間の人口を減少させる必要があります。
減少対策として、在宅勤務の他、シフト勤務、時差出勤、時間差運賃などが挙げられていますが、実施するに当たっては社会的経済問題もあるため十分な検討が必要とされています。
また、急速な拡大を防ぐために利用者の接触が多い交通機関を数ヶ月に渡って一時的に遮断するという意見もあります。
ウィルスの感染手段は飛沫感染であるため、利用者の接触で拡大するのであれば個人で感染拡大を防ぐ事もできます。
電車内では感染拡大を防ぐためには人と人の間を1m以上空ける必要があると言われていますが、通勤時間帯の日本の首都圏では困難な動作です。
しかし、日常的に行い動作で予防は十分可能です。
咳嗽やくしゃみによる感染を防ぐためにマスクの着用を行います。
冬の電車内は暖房が作動しているため空気が乾燥しやすい状態であり、ウィルスが空気中に浮遊して身体に付着してしまう可能性があります。
そこで手洗いやうがいが有効的です。
ウイルスに対して免疫を作るためにも予防接種を受ける事も必要です。
さらに自己の免疫能力を高める事も重要です。
なかなか規則正しい生活を送るのは難しいことですが、心がける事だけでも予防につながっていきます。