インフルエンザの予防法について説明する女性看護師

毎年毎年、インフルエンザは流行りますよね。予防していてもかかる時はかかります。何か良い予防方法はないのか、と調べてみました!少しでもインフルエンザに感染する方が減ることを考えながら更新していきます!

インフルエンザは葛根湯では治らないです!

インフルエンザって、毎年必ず流行してますよね。かかったことがない人は、風邪の延長ぐらいに思っているかも知れませんが、風邪とは全く異なるものですから、当然ながら、葛根湯を早めに飲んだって治らないです。インフルエンザの予防接種ってご存知ですか?子供の頃は受けたけど、大人になってからは受けたことがないという人も多いと思います。A型とB型が発症するのが通例ですが、予防接種をすることで100%防げるわけではないにしても、事前にしておけば、もしかかってもかなり症状が軽くなります。インフルエンザに一度でもかかったことのある人なら、あのしんどさやだるさは二度と経験したくないと言うと思います。何があっても食欲がなくならないという人であっても食事が喉を通らなくなるどころか、ご飯を食べる為に体を起こすことすら苦痛で仕方がないというぐらいつらくなってしまいますので。食事をまともに取らないでいたら、数日で3キロも体重が減ってしまったという人もいるぐらいですので、インフルエンザの症状をなめてかかってはいけません。感染症ですので、会社や学校へ行くことは熱が下がって体調が落ち着くまでは、周りの人にうつさないためにも自宅で療養する必要があります。会社勤めの人であれば急ぎの仕事や重要な会議がある時、学生さんであれば大切な試験や部活動の試合がある時に強制的に休まないといけないとなったら誰でも困りますよね。周りの人にうつさないために休むというのももちろんですが、インフルエンザでピークにしんどい時はとても外出ができる状態ではありませんので、物理的にも難しいところがあります。予防接種をするのも一つの手ですが、何と言っても一番はうがい手洗いです。ぜひ、冬場だけでなく外出して帰ってきた時などはうがい手洗いを心がけてみてくださいね。